認知症を予防していつでも元気でイキイキと!

栄養補助食品

効果が似ている栄養

栄養補助食品

DHAとEPAは、両方共主に魚に含まれています。そしてそれぞれが有している効果も似ているので、良くDHAとEPAのサプリメントが比較される栄養素でもあります。では一体、DHAとEPAにはどんな違いがあるのか、どういった効果を有しているのかを一部ご紹介致します。

まずDHAのサプリには、血行促進効果、そして情報伝達能力の向上効果があるとされています。どういった血行促進効果があるのかというと、DHAは、血液の粘度を下げる働きがあります。血液の粘度が下がることによって、血管内の血液の流れがよくなります。良く聞く血液サラサラという状態です。DHAを摂取することによって、血液サラサラ効果が期待できます。そしてDHAを摂取すると、脳のシナプス膜に良い影響をもたらします。脳のシナプスは、毎日の生活で得る情報を脳にしっかりと伝達する役割を担っています。DHAは、このシナプスの働きを助けるので、情報伝達能力向上効果が期待できるのです。

EPAのサプリには、目の疲れを改善する、そしてDHAと同じように血行促進効果があります。具体的には、血管をしなやかに活動させて血液の流れを良くする効果を秘めているのです。
DHAとEPAのサプリはよく比較されることが多いです。確かに比較をして優れている方を摂取するのも良いですが、どちらも併用して一緒に摂取するのもオススメだとされています。何故かと言うと、DHAとEPAのサプリは良く比較されるほど有している効果が似ているためです。